保護すべき淡水魚の分布

 三重県の川は,伊勢湾・熊野灘・大阪湾に注ぐことから大きく3つに分類されます。
このことは,多様な河川環境に恵まれていることを示し,これらの水域を象徴する淡水魚も生息することから,『三重県は川の国であり,淡水魚の宝庫』ともいえます。

淡水魚をとりまく環境

  • 在来の淡水魚は人知れずに,姿を消しています(=多様性が損なわれています) 。 その理由は,1)無配慮な工事,2)密漁,3) 国内外の外来魚の移入,などです。
  • 野生の淡水魚(=無主物)の生息地のほとんどは,公的管理地です。 
  • 淡水魚は海水魚と違い,地史や種分化が強く反映され,地域の歴史の証人といえます。 
  • 別の場所の種を同種がいる場所あるいは,かつての生息地に”極めて安易”に放流することで,地域特有の遺伝子構造を改変することが,近年は課題になっています。                                       参考:生物多様性の保全をめざした魚類の放流ガイドライン(日本魚類学会)

内容

  • 平成15年(2003年)度以降の調査において,研究員が採集・確認したものです 。
  • 平成15年(2003年)度〜平成19年(2007年)の調査は,小河川(原則として「河川の国勢調査」などであまり調査されない川)を対象とし,計21水系49河川の134ヶ所(四日市市南部から伊勢市北部(6市3町))にて,主に電気ショッカー(知事許可)を使用しています。
  • ここで示す情報は前述の調査で明らかになったものであるため,当該地域のみ示します。

情報とその見かた                                              

  • 情報提供の目的は,”野生生物の保護”です。地域情報の一つとして,以下のことがらに活用してください。                                                                                         

公共工事等の計画

県民等による環境保護運動

様々な 研究・調査

  • 野生生物保護の観点から,県庁自然環境室や大学等研究者と協議し,区画での情報公開にとどめました。一部の種は,保護上の配慮から非公表とします。
  • 区画は「標準地域メッシュ・システム」の「第2次地域区画」で,1辺は約10kmです。これは三重県レッドデータブック2005(県RDB2005)と同じ基準です。 
  • その種が生息する区画は,「朱色」で示してあります。数字はメッシュコードです。 
  • 種の順序は,県RDB2005に準じています(希少ランクほど上に提示)。


Kawahigai2008

 

 Zunaganigoi2008

 KanehiraHikouhyou2008

 ShirohiretabiraHikouhyou2008

 Suzisimadozyou2008

  Ashishirohaze2008

 Sunayatume2008

Itomoroko2008

Yaritanago2008

Aburabote2008

Hotokedozyou2008

Akaza2008

Kawaanago2008

Ayukake2008

Medaka2008

*地図作成には,フリーソフト「KenMap Ver8.32」を使用しました。