トップページ > 組織紹介 > 尾鷲水産研究室

尾鷲水産研究室

三重県水産研究所 尾鷲水産研究室

沿革

昭和8年8月 三重県水産試験場尾鷲支場として設置
昭和28年11月 三重県水産試験場尾鷲分場と改称
昭和42年3月 三重県尾鷲水産試験場と改称、独立
昭和57年3月 三重県尾鷲水産試験場を古里地区に移転
昭和59年4月 三重県水産技術センター尾鷲分場と改称
平成10年4月 三重県科学技術振興センター
水産技術センター尾鷲分場と改称
平成13年4月 三重県科学技術振興センター
水産研究部尾鷲水産研究室と改称
平成20年4月 三重県水産研究所尾鷲水産研究室と改称

東紀州地域の重要産業である魚類養殖業の経営の安定、漁場環境の保全および健全な養殖魚の生産を目的として、適切な給餌方法や餌料組成の検討、養殖魚の品質改良、漁場環境に対する負荷の軽減、マハタ、クエおよびハギ類など、新魚種の種苗生産と養殖技術の開発などについて研究を行っています。

また、魚病の診断および予防・治療対策に関する研究を行っています。

 まぼろしの魚 マハタ を育てる

PDFで詳細を表示

尾鷲水産研究室では、マダイ養殖に替わる新しい魚種の開発を目的として、一般に種苗生産が困難とされ「幻の高級魚」と呼ばれるクエおよびマハタの種苗生産試験に取り組んできました。

平成8年度から性転換技術の開発、成熟促進・採卵技術の開発、飼育技術の開発(中間育成試験、養殖適性試験)などの技術開発に努めた結果、平成10年度にはクエの種苗量産化、平成11年度にはマハタの種苗量産化に成功しました。

そして、平成11年度に生産されたマハタ種苗が平成13年3月に平均全長40cm、体重1.0kgに成長したので試験的に市場出荷をしたところ、kg当りの単価で1,600円〜2,200円という、マダイ(600〜1,100円/kg)を大幅に上回る値段がつき、新しい養殖魚種として十分に市場流通することが判明しました。

県レベルでのマハタ種苗供給の試みは全国でも初めてのことで、種苗供給体制が整い本格化すると、県内の魚類養殖業の発展と経営の安定化に寄与するとともに、東紀州の新しい特産品として地域の活性化に役立つものと期待しています。

マハタ変態魚
マハタ変態魚 日令30 全長14mm

マハタ稚魚
マハタ稚魚 日令85 全長5cm

マハタ試験出荷魚
マハタ試験出荷魚 生後1年9ケ月
全長40cm、体重1.0kg

 魚病に関する研究

PDFで詳細を表示

人間や家畜と同じように魚も病気にかかることがあり、養殖魚に病気が発生すると、業者に大きな損失を招きます。

このため尾鷲水産研究室では、養殖業者から持ち込まれた病気の魚の診断を行い、治療対策指導を行っています。(魚病診断業務)

また、病気には予防が第一です。病気に対する魚の抵抗力を高めるための飼育管理手法やワクチン開発に関する研究を行っています。(病気の予防のための研究)

病魚の解剖
病魚の解剖
ワクチンの有効性グラフ
感染実験によるワクチンの有効性
(マハタのウイルス性神経壊死症)

 養殖魚のエサの開発

PDFで詳細を表示

養殖魚といえばハマチやタイが有名ですが、養殖できる魚種は、どんどん増えています。それに伴い魚種ごとの成長段階に応じた完全栄養のエサをめざした開発研究が求められています。

環境を汚さないエサの開発も大切な課題です。

また、エサの原料となる魚が減少していることから、大豆かすや牛脂を利用した代替タンパク質・代替油脂の研究も進める必要があります。

このような視点から、尾鷲水産研究室ではエサに関するさまざまな試験を、湾内の養殖いけすを利用して行っています。

ドライペレット
試験用のドライペレット
試験魚への給餌
試験魚への給餌

魚類養殖漁場の環境をまもるために

PDFで詳細を表示

 三重県南部には、温暖で清浄な海が広がっています。この海域は、古くから魚類養殖に適した漁場として知られ、現在もマダイやブリといった魚の養殖漁場として利用されています。この重要な地域資源である漁場を今後も利用し続けるためには、過密養殖や過剰給餌などで漁場を汚染しないよう、自然の回復力の範囲内で養殖を行う必要があります。 
 当研究室では、より実態を反映した環境指標を提案したり、養殖業者さんらと情報交換しながら、漁場の適正な利用方法を検討しています。

ページのトップへ戻る