トップページ > 組織紹介 > 鈴鹿水産研究室 > 伊勢湾イカナゴ情報

伊勢湾イカナゴ情報(解禁前の資源動向)

三重県 水産研究所 鈴鹿水産研究室

  • 解禁前のイカナゴの資源動向を把握し,関係者に『イカナゴ情報』として提供しています。 
  • この調査は,愛知県水産試験場や関係機関と協力して行われています。
  • このデータは,試験曳きの設定や資源量の予想に使い,資源管理に役立ちます。
  •  伊勢湾のイカナゴ(コーナゴ・コウナゴ)は1月に湾口部周辺で発生し,その後湾内に運ばれて成長を続け,3月初めには体長35mm前後に達し,5月頃までバッチ網や船曳網によって漁獲されます。

IkanagoKanyuuTyousaH20
孵化仔魚の調査

 

今漁期 

IkanagoKamingyoTyousaH21 

夏眠親魚の調査

 

昨漁期以前 

   

鈴鹿水産研究室のトップページへ戻る