トップページ > 組織紹介

組織・人員配置等

事業概要 (H15〜H26年度)

要覧

水産研究所の業務について取りまとめた「要覧」を、PDFファイルで提供します。

 要 覧(H26年5月作成)PDF:1.6MB

沿革

  • 明治32年:三重県庁内に三重県水産試験場として創設、同年志摩郡浜島町に移転。
  • 昭和5〜35年:3分場を設置。
  • 昭和42年:各分場が独立し、内水面、伊勢湾、浜島、尾鷲の4水試体制となる。
  • 昭和59年:4水試を統合し、水産研究の中枢機関として三重県水産技術センターを志摩郡浜島町に施設整備の上設置。
  • 平成10年度:三重県の8公設試験研究機関を統合した三重県科学技術振興センターが設立され、その構成機関となる。
  • 平成13年4月:「三重県科学技術振興センター水産研究部」となる。
  • 平成20年4月:組織改正により「三重県水産研究所」となり、現在に至る。  
  • 創立百周年記念誌 「三重県水産試験場・水産技術センターの100年」を見る

組織の紹介

総務調整課

  • 文書の処理保存、職員の身分および服務、予算および経理、財産の管理出納に関する業務、その他の総務関係業務などを行っています。
  • 調査船「あさま」の運航・管理を行っています。

企画・資源利用研究課

研究内容をもっと詳しく

  • 試験研究に関する企画調整、図書、資料などの各種情報の収集と整理、研究調査報告書の刊行と配付に関する業務などを行っています。
  • カツオ、ブリ、アジ、サバ、イワシなどの回遊性魚類の資源動態や生態、資源管理技術に関する研究のため、餌料プランクトン および稚仔魚のネット採集調査、漁獲物の市場調査、計量魚探による分布調査、漁獲データによる資源解析を行っている。また、漁場形成に大きな影響を与える海況に関する研究のため、調査船、計測器の設置、人工衛星画像による海洋調査を行い、これらの結果を人工衛星海況速報や漁海況速報として広報しています。
  • トラフグの資源管理技術を開発するため、資源動態および生態に関する研究を行うとともに、種々の条件下で人工種苗の放流実験を行い、種苗の生残、成長、移動、適正放流場所、サイズなどについて調査を行っています。
  • アカモクやゴマサバなど、低利用水産物の有効利用や、付加価値向上のための試験研究を行っています。 
人工衛星NOAA
人工衛星NOAAによる海面水温分布画像
海洋観測調査(CTD)
CTDおよび採水器による海洋観測(調査船あさま)
トラフグ イラストマー標識
放流用トラフグに付けられたイラストマー標識
(蛍光緑)
マアナゴ漁獲量の経年変化
三重県におけるマアナゴ漁獲量の経年変化

水産資源育成研究課

研究内容をもっと詳しく

  • 栽培漁業や養殖漁業に供する魚貝類の種苗を安定して生産するため、イセエビ等重要魚介類を対象に、成熟促進、採卵方法、飼育条件、餌料の栄養強化などについて研究を行い、新しい生産技術の開発を進めています。
  • 水産研究部において開発された種苗生産技術を、栽培漁業センターの種苗生産業務(アワビ、アコヤガイ等)に移行させるための技術的な指導および助言を行っています。
  • アコヤガイ等の種苗生産技術が確立された養殖用種苗については、選抜や交雑等の育種手法を用いた品種改良に関する研究を行っています。
  • アワビ等の定着性生物を対象として、資源の増殖および資源管理技術を開発するために潜水調査や漁獲物調査、漁獲データの解析を行い、その生態や資源量などについての研究を行っています。
  • 養殖魚に発生する魚病に対処するため、病魚を診断し、治療薬剤の選定、適正使用について指導、助言を行っている。また、早期診断技術の開発、予防および治療に関する研究を行っています。
イセエビ
イセエビの形態変化
アコヤガイ
選抜育種によるアコヤ貝の品種改良
魚病検査
病魚の解剖検査
放流アワビ
放流したアワビの潜水調査

水圏環境研究課

研究内容をもっと詳しく

  • 安全で安心な二枚貝類を提供できるように、下痢や神経麻痺を引き起こす貝毒の原因となるプランクトンを定期的にモニタリング調査し、貝毒情報を発信しています。
  • 養殖魚介類に被害を及ぼす赤潮の発生機構の解明と被害防止技術に関する研究を行っています。
  • 伊勢湾や英虞湾、的矢湾などの内湾域漁場の適正利用と環境保全のため、水質、底質、底生生物、植物プランクトンの定期的な調査を通じて漁場の実態を把握し、漁場環境の動態に関する研究を行っています。
  • ヒジキやアオノリなど海藻の養殖技術の高度化に関する研究を行っています。 

PlannkutonnKenshuukaiSaisuiH18
研修で採水方法の説明(鳥羽市)

KenkyouPulankuton
プランクトンを検鏡

Hetero

二枚貝をへい死させるヘテロカプサ赤潮

アマモの発芽試験
アマモ発芽試験

IzonouraAonoriTyousa
青ノリ養殖場で調査(伊雑ノ浦)

SaiseiHigataKannsatukai
再生干潟で観察会(志摩市)

鈴鹿水産研究室

研究内容をもっと詳しく

  • 伊勢湾の水質(水温,塩分,溶存酸素量,栄養塩など)の変動について、毎月調査船(あさま)による観測を行っています。
  • 伊勢湾の生態系に最も大きな影響を及ぼす貧酸素水塊の形成変動機構について,研究を進めています。
  • 黒ノリ養殖業の経営に大打撃を与える病害や,色落ちなど品質抑制の手法に関する研究を進めています。
  • 黒ノリの生産時期には,ノリ芽検診を行うとともに,沿岸の栄養塩類や水温など養殖に不可欠な海況情報の提供を行っています。
  • 伊勢湾内の有用水産資源であるイカナゴ・アサリ・シジミ・ヨシエビなどを安定的かつ持続的に利用できる手法の開発に取り組んでいます。
  • 伊勢湾の干潟や藻場の生態系保全や再生に関する研究を行っています。
  • 多様な生物の生息に適した河川環境の保全を図るため,水生生物の分布や生態に関する研究を行っています。
  • 伊勢湾の環境保全や有用水産資源の管理に関すること、魚類の防疫および(魚病)のに関することなど研究成果や専門性を生かした相談に応じています。

SuzukaSuikenH21
鈴鹿水産研究室

漁業者とアサリ調査H20

漁業者と共にアサリ調査 

KuronoriKennkyouH23
黒ノリのノリ芽検診

黒のりの品種選抜試験 

黒ノリの品種選別試験

稚貝の収集

アサリ稚貝の収集

アマモ調査

アマモの潜水調査

IseWanKansokuH21

伊勢湾の定期観測とその結果

トラックスを使った栄養塩分析H20 

海水の栄養塩分析

 

IkanagoSokuteiH22

 イカナゴ(コウナゴ)の測定

ダムの調査

ダムの調査

 

尾鷲水産研究室

研究内容をもっと詳しく

  • 東紀州地域の重要産業である魚類養殖業の経営の安定、漁場環境の保全および健全な養殖魚の生産を目的として、適切な給餌方法や餌料組成の検討、養殖魚の品質改良などについて研究を行っています。
  • 魚病の診断および予防・治療に関する研究を行っています。
  • マハタやハギ類など、新魚種の種苗生産と養殖技術の開発に関する研究を行っています。
  • 養殖魚種を複数飼育し、リスクを最小にしながら最大のリターンを得る複合養殖(養殖魚ポートフォリオ)の研究を行っています。 
尾鷲水産研究室
尾鷲水産研究室
魚類養殖試験
海面施設による魚類養殖試験
ページのトップへ戻る